#1

無線通信を妨害した

in Here is your first Forum Mon Nov 28, 2016 3:24 pm
by minisa • 3 Posts

軍当局によると、政府系の国防科学研究所がジャマー を開発しており、 これを小型無人機の対応に活用することを推進している。 同技術は今月下旬に開かれた軍事科学技術学会でも発表された。 同学会で国防科学研究所は「小型無人機のぜい弱性の分析と 活用した小型無人機対応技術を確保できると見通した。

GPS ジャマーが影響を及ぼすのは自動車や船、飛行機といった乗り物だけでない。GPS からの信号には時刻を示す情報も含まれており、たとえば携帯電話はこれを用いて通信タイミングの同期を行っているため、GPS ジャマーにより通話・通信が行えなくなることがあるという。また、時刻ベースの暗号化を用いる ATM でも利用されていることがあるそうで、これも影響を受ける可能性があるそうだ。GPSが通信不能になります。 GPSジャマーは日本でも手に入るが、このような「予想外」のトラブルを引き起こさないためにも、十分に留意して使用してほしい。
http://www.probuycheap.com/jamming-equipment/c-2.html

妨害装置のスイッチを入れるだけで簡単に使用できるので、GPS電波を遮断したい時には遮断して、今は別にいいかという時にはGPS電波を受信できるので、怪しまれることはまずないでしょう。誰かに仕掛けられていると思い、見つけようとしても機器の小型化が進んでおります。肉眼でも探すことは一苦労かと思われます。また、盗聴器のように発見器を使って、探しだすこともできません。ですのでGPSを疑いだしたら探すことより電波を遮断してしまうことが1番簡単で確実になります。

遮断するにはGPSジャマーと言った機器を使用することになりますが、このGPSジャマーでGPS信号をジャミングするだけで完璧に信号をストップすることはできません。この製品は稼働時、かなりの熱を持ちます。特に夏場や車内での使用は本体に触れる事が出来ない程熱くなりますので、下記の点を必ず実施して下さい。面倒でも安全に使用する為に実施して下さい

もちろん日本では無線設備の機能に障害を与えて無線通信を妨害した者は電波法違反となり1年以下の懲役又は罰金に処せられる可能性があります。
 http://www.probuycheap.com/gps-jammer/c-2_26.html
しかし違法を承知でWiFi 妨害機を使う第三者、または他の合法目的でジャマーを使う第三者により、マルチコプターに搭載するGPS受信機への電波は遮断される危険性があるのです。
 
一部の無線機能を持った家電、または無線監視装置などでは、バッファロー無線LAN製品と同じ周波数(2.4GHz帯)の電波を使用するため、電波干渉が発生する場合があります。各アンテナにはそれぞれ独立した電源及び電波調整ボタンが付いております。 そのため、遮断したい電波・遮断したくない電波をお客様が個々に設定していただく事ができます。
携帯電話の電波は遮断したくないが、Wi-Fiの電波のみをカットしたいなどができます。 もし免許を受けずにこれらの機械を使用すると、携帯電話など他の無線局に妨害を与え、電波法違反となり処罰の対象となりますので、安易に購入することのないようご注意願います。
http://www.probuycheap.com/wifi-jammer/c-2_24.html

Scroll up


Visitors
0 Members and 6 Guests are online.

We welcome our newest member: weijianhuakai
Board Statistics
The forum has 1207 topics and 1216 posts.