#1

マーラー《G長調の第四の交響曲』

in Here is your first Forum Fri Aug 12, 2016 8:31 am
by マーラー
avatar

マーラー《G長調の第四の交響曲』
百年後、オーストリア作曲家マーラーは1901年に完成した『番ト長調第四の交響曲』。この部1899年と書かれ1900年に2つの夏の上を受けて下を起こす作、最終的に伝<a href="http://www.faoujpes.com/cate-c684.html " target="_blank">スーパーコピー時計</a>統の絆が飛び出すマーラーさせ、現代派の音楽のリーダー。から第1楽章余裕で楽曲の表現形式と鳴ってから第2楽章落ち着き払って、持って蘭トーマツとワルツのステップスケルツォから第三楽章柔板の緩やかなな第4楽章すっきりして、マーラーこの作品を表している天国の童話の類の美しいのに、同時に混じり入り組んで難解な夢の中でうわ言。作品が伝えられた人間は無力と憂鬱、マーラー音楽の標識:それでも楽しみも思索。
マーラー先の作品に対して、比較的に短くて精巧な『番ト長調4番」が、基本を舎て標題音楽で、第4楽章を入ソプラノソロ歌詞from布えて塔诺和アル宁姆詩集『少年魔号」の中の「天国の生活』を借りて、少年の目を描いて天国の生活美しい。マーラー当初の輪の中にも親友、例えば額ナスッター・オットー。オットーはマーラー<a href="http://www.faoujpes.com/cate-c747.html " target="_blank">ブランド財布コピー</a>デビュー4番されると、みんな分からない時によると、この作品は「にじゅう世紀初の本当で異常な音楽事件」。その後、ドイツ有名な社会学者やミュージシャン・オッド・阿多诺も文章道、マーラーの『番ト長調4番」と「最初から最後までの音符音符は、最高傑作。」これらの評論家を見通したマーラー音楽の将来を見通す意識。

Scroll up


Visitors
0 Members and 10 Guests are online.

We welcome our newest member: weijianhuakai
Board Statistics
The forum has 1203 topics and 1212 posts.